当法人が所属する岩永学園グループの紹介

当法人が所属する第二岩永学園グループの紹介

当法人は長崎県唯一の広域通信制高等学校『こころ未来高等学校』を支援する事業部として設立され、主に連携する教育施設(通信制高等学校サポート校)『夢未来高等学院』を全国各地に設置することを活動の柱としています。子どもたちを取り巻く環境は大きく変化し多様性が広がる中、従来の高校では考えられなかった斬新でフレキシブルなカリキュラムがこころ未来高等学校では考案されており、全国各地から高校卒業を目指し子どもたちが入学しています。

社会はつねに変革と発展を求められています。それは人々の考え方や行動において大きな変化を生じさせます。そのような時、人材のスキルを明確に判断する指標として『資格』というのは重要視されるものです。当検定協会が提供している資格試験は、実際の業務に活用できるスキルを測定することを目的として開発されました。単純な知識だけではなく、実社会においてどう活かすことができるのか?「即戦力を証明する資格」を提供しています。

SDGsは市場に変化をもたらすものであり、SDGsを無視した事業や活動は長期的に成り立たないことを示唆しています。また、SDGsのゴールやターゲットに示された内容は、世界が直面する社会課題を網羅していることから、その解決を模索することはビジネスにおけるイノベーションを促進する可能性を持っていると考えられます。SDGsの基礎を学ぶだけでも、新たな気づきを呼び起こし、新しいビジネスを考える上でのよい指針になると考えられています。そのために(一社)全国専門能力検定協会ではSDGs理念や正しい知識の習得、そしてその取り組みの推進を目的として「認定」 および「育成」の観点から「SDGs認定機構」を組織し展開しています。

当協会は、設立者である岩永守弘理事長がすでに行っていた教育事業において通信制高等学校と情報共有をするなかで、ひきこもりや不登校の子供たちが多い現状を目の当たりにし、どうにか子どもたちへの支援を行いたいとの思いから設立されました。ひきこもりや不登校を経験した子どもたちが社会の一員として羽ばたけるよう、子どもたちの健全育成の一助となるために、無料の学習会などを開催しています。各関係団体や専門家・教育機関・行政とのネットワークを構築して、情報提供・アドバイスなどを行い、社会全体の利益の増進に寄与することを目的として活動しています。

平成28年度より長崎県内初の広域通信制高等学校「こころ未来高等学校」が開校しました。全国から生徒の入学が可能であり、グループ校に専門学校を持つ強みを生かしながら、高校生活の中でメイク・ネイル・整体・パソコン・医療事務・美容師などの専門分野の資格習得を目指すことができます。また、自分らしく登校し安心してスクールライフを過ごせる通学コースも用意。週5日登校のウィークデイコースや週1~2日登校のツーデイコース、月1日登校と夏・冬集中スクーリング登校の在宅通信制 コースなど通学スタイルを選ぶことができます。高校生活に選択肢を増やし、多様な生徒が社会で生きていく力を育む場となっています。

PICK UP