夢未来ホールディングス
電話番号

福祉教育事業

ホーム > 福祉教育事業
社会福祉専門各種スクール化計画
学びから就職まで一貫したプログラムを提供

~見つける・培える・愉しめる~

「これが私の活きる道」

学びと働く教育舎開設 夢未来プロジェクト

なぜ、福祉教育事業が重要なのか?

日本の人口約1億2千万人のうち、障がいがある方は約740万人。割合として人口の約6%の方が何らかの障がいとともに生活しています。その内約90%の方々は働きたくとも就職するための必要な訓練を十分に受けられていない状態です。なぜなら、訓練や受け入れ先となる企業や事業所が明らかに足りないからです。
障がい者支援事業所等を利用できている方はまだ、4万人足らず。適正な訓練を行い、可能性を秘めている人財を育て道を切り開いていく福祉教育事業は必要不可欠なのです。

社会貢献性と健全な収益性の両立可能な福祉教育事業

「普通に生きる事」、いかなる状況に置かれたとしても誰もがその権利を持っています。便利な時代になった現代、学ぶことや仕事、情報等多くの選択は増えていますが、障がいを持った方々にはまだまだサポートが行き届いていません。学びの選択も、仕事の選択も狭き門で、受け入れできるベースが整っていない現状を、少しでも広げていきたくこのプロジェクトを立ち上げる事を考えました。

「障がい者就労支援」の中でも「就労継続支援A型事業所」は、障がい者の方と雇用契約を結ぶ唯一の業態。少しでも多くの方が利用でき、「働く」喜びと楽しみを実感しより良い生活の糧となるよう、私達は全面サポートを行ってまいります。

そして、行政や国の助成金や補助を誠実に最大限活用していきながら、障がいを持った方々が自分が活きる選択肢をより多く掴んで頂けるよう、そして生涯を愉しんで生きられるよう、私達は活動をしていきます。

活きる選択肢を増やす

視覚障がい者の方は目が見えません。聴覚障がい者の方は耳が聞こえません。身体、精神、知的の機能のどこかに障がいがある方々は、コミュニケートを図ろうと人一倍頑張っているのです。障がいがあるからと健常者の方は当たり前に過ごしている日々の中で見過ごしているものや、見落としている何かを発見し、私達が見落とし聞き逃しているサインを聞き、心を研ぎ澄まして毎日を過ごしています。障がいがあるからと勝手に決め付けて、枠を作ってしまっていたのは健常者の方々で、多くの出来る事の可能性を絶対に持っています。ひとは誰でも(健康である方もそうでない方も)同じように可能性と才能を持っています。見つけ出し、活かせ、達成出来たとき、必ず次のステップへと進んでいけるはずです。達成出来たとき、見つけたときの笑顔を繋ぎ、育て、広げていきたい、そう願って、そしてそうなるよう、そんな世の中へと変えていきたいと思っています。

学びから就職まで一貫したプログラム

私達は提案します。せっかく学びを手に入れてもそれを活用できる場がなくては、意味がありません。
学ぶ事と働く事を並行していける環境作りから手掛けていきます。

プラス

【学び舎】
2年間(最大1年間延長有り 3年間)
1年:一般知識・教養・社会コミュニティ等
2年:職業専門スキル・資格・就職体験等

【働く舎】
学び舎で学んだスキルを活かせるよう様々な業種形態を形に事業所を開設。
企業連携の基、下請けや発注で事業展開